2021年06月03日

【気になる情報】Making Champions 3 Vollery & 9 Secial Interview【CRGJS2SDF】



実は、ゲイブ・ハラミロが伝える最先端のボレーテクニックとは…

一気にネットにつめること。つまり、1stボレーが絶滅した。
ストロークから次のボレーで一気に詰めてフィニッシュをしている。
このポイントの取り方が今の世界の流れだとゲイブ・ハラミロは言います。

昔なら、アプローチを打って、サービスラインくらいで1stボレー、状況を見て ロブをケアしながら、2ndボレーに移行する。

と言うスタイルでした。きっとこの手紙を読んでいるあなたも そういう教えられ方をしているでしょう。しかしこの方程式は通じなくなっているのです。

アプローチを打って、サービスラインくらいで1stボレー、状況を見てロブをケアしながら、2ndボレーに移行する。

これが通じないのです。

その1stボレーの途中で、強烈なパッシングを食らって、不利な状況になることが増えてきたのです。

だからこそ、今の世界の流れはこうなってきているのです。

回り込んでフォアでウィナーを狙うつもりでガツンと打って次のボレーを出来るだけネットに近い位置でボレーをする。

そうまるで、錦織選手のように。

そういえば、最近のプロの選手はこのように、ストロークから、一気にポジションを前にとり、 ネットに近いポジションで次のボレーでしとめる、

という戦略をとっていると思われたかもしれません。

このスタイル、現代テニスではストロークがとても強い力をもっているからこそ 昔のようにネットから遠い位置での1stボレーでは強烈なパッシングを食らいます。

あなたも、ダブルスでも経験があるはずです。

少しでも浅くなったり、コースが甘ければ強烈なパッシングを食らいます。 ロブで抜かれるということよりも、ストロークで強いボールを打たれることや 強烈な落差のあるスピンボールでミスを誘われることのほうが多いのではないでしょうか?

世界の流れでは今、何が起きているかというと

ポジションを意識しての1stボレー、2ndボレーという概念がなく

一気にネットにつめる。 さらに

できるだけネット際でボレーをする。
というのがグローバル・スタンダードになっているのです。

少しでも気になった方は、今すぐご注文ください。

詳細はこちら・・・







posted by happy at 02:03| 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする